占星術ソフト販売(西洋占星術・インド占星術) / 占星術情報の発信 / 占星術(無料鑑定・有料鑑定) / 無料のインド占星術ホロスコープインド占星術で死亡時期判断の根幹となるマーラカ(殺人者)ハウスやバダカ(障害)ハウス / 占星術講座

西洋占星術の未来予測技法セカンダリープログレッション(1日1年法)について解説。

西洋占星術とインド占星術の占星術ソフト販売 占い鑑定ご案内

占星術アストロナインのトップ アストロナインのトップページ

占い鑑定ご案内 占星術を中心とした占い鑑定

占星術&開運法の記事

占いコラム インド占星術と西洋占星術中心の占いコラム

スピリチュアル占星術 スピリチュアル占星術

ロケーショナル占星術 アストロカートグラフィー / サイクロカートグラフィー

ガネーシャ神と開運 ガネーシャ神と開運

占星術ソフトの紹介

占星術ソフト紹介 占星術ソフト紹介

ソーラーファイヤー 西洋占星術ソフトウェア ソーラーファイヤー

ソーラーマップス 占星術マッピングソフト ソーラーマップス

パラーシャラの光 インド占星術ソフト ウェア パラーシャラの光

ジグソー 占星術研究リサーチソフトウェア ジグソー

無料占い鑑定・チャートサービス他

いちご日記管理人いちごのつぶやき♪

無料チャート&鑑定 無料チャート&鑑定

メールマガジン 占星術メールマガジン

無料自動占い集 無料自動占い集

プロフィール プロフィール

占いリンク集 占いリンク集

特定商取引法の表示 特定商取引法に基づく表示

お気軽にメールください
<ichigo@astro9.com>

お気軽にメールください

Copyright (C) 2003
[アストロナイン]
All rights reserved.
 

 

占星術ソフトウェア通販(西洋占星術・インド占星術) / 占星術(占星学)ホロスコープ

ガネーシャ神
 
 占星術アストロナインのトップ > 占いコラム > ハウスのカテゴリー(3)
 

占いコラム30

【 ハウスのカテゴリー(3) 】

楠 正晴

8室は死のハウス?

西洋占星術では8室を死のハウスと定義しています。人の死にはたしかに8室が絡むことがよくあります。そして、インド占星術でも、8室は、死を表すハウスとされていますが、死を引き起こすハウスではありません。実際に死を引き起こすハウスは、8室ではなく、2室と7室です。つまり、8室は、死を引き起こす要因となるハウスではなく、生命や寿命を表すハウスであり、死を引き起こす他の要因によって、その8室が表す生命あるいは寿命が尽きた状態が死なのです。

マーラカは殺人者のハウス

インド占星術で死亡時期判断の根幹となるマーラカ(殺人者)ハウスやバダカ(障害)ハウス / 占星術講座

マーラカスタナ(殺人者の位置)

2室と7室は、マーラカスタナに分類されます。マーラカとは『殺人者』のことで、マーラカスタナは『殺人者の位置』という意味です。一般的に、マーラカというと、2室か7室、あるいは、それらの支配星をさします。また、2室や7室の在住星をマーラカと呼ぶこともあります。マーラカスタナは、死に関わるハウスであり、人の死亡時期には、ほとんどの場合、マーラカが関係しています。

※一般的に7室よりも2室のほうが強力なマーラカです。また、在住星よりも支配星のほうが強力なマーラカです。

※マーラカは、生命を傷つけるため、死亡だけでなく、健康にとっても良く無い影響を与えます。

※土星あるいはラーフがマーラカとなるときは、マーラカとしての凶意が強くなるため、特に注意が必要です。

12室 1室 2室
マーラカ
3室
11室

アセンダントが
牡羊座のとき

4室
10室 5室
9室 8室 7室
マーラカ
6室

インド占星術で死亡時期判断の根幹となるマーラカ(殺人者)ハウスやバダカ(障害)ハウス / 占星術講座

2室と7室が殺人のハウスとなる理由

これは、1室から12室までのどのハウスについても当てはまることですが、あるハウスからの12室目は、そのハウスのテーマを消耗・損失・喪失するハウスとなります。つまり、7室は、8室から数えて12室目にあたりますから、生命(8室)を喪失(12室目)するハウスとなるのです。

また、8室から数えて8室目にあたる3室は、8室と同様、生命を表すハウスとなります。そして、2室は、3室からの12室目にあたるため、7室と同様に、生命(3室)を喪失(12室目)するハウスとなります。

※8室からの8室目にあたる3室が、8室と同様のテーマを表すことについては、インド占星術では良く知られた見方です。例えば、幸運を表す9室からの9室目は5室ですから、5室も幸運を表します。また、例えば、職業・地位・名誉を表す10室からの10室目は7室ですから、7室も職業・地位・名誉を表します。

インド占星術で死亡時期判断の根幹となるマーラカ(殺人者)ハウスやバダカ(障害)ハウス / 占星術講座

マーラカ(殺人者)が生命のハウスを傷つけるとき

ヴィムショッタリー・ダシャーを使用して人の死亡時期を検証すると、マーラカスタナである2室と7室が死の誘因となっていることがよくわかります。2室や7室の支配星が生命のハウスである3室や8室(あるいは、その支配星)を在住やアスペクトによって傷つけているか、あるいは、3室や8室の支配星が2室や7室に在住している場合、2室や7室の支配星のダシャーは、特に生命にとって悪いダシャーとなります。また、その場合、傷つけられている側の3室や8室の支配星あるいは在住星のダシャーも生命にとって危険な時期となります。

インド占星術で死亡時期判断の根幹となるマーラカ(殺人者)ハウスやバダカ(障害)ハウス / 占星術講座

バダカスタナ(障害の位置)

バダカスタナは障害となるハウスです。活動星座・不動星座・両方星座のうち、どの星座にアセンダントが入るかにより、バダカスタナとなるハウスが決まります。アセンダントが、活動星座のときは11室不動星座のときは9室両方星座のときは7室がバダカスタナとなります。そのため、一般的に、マーラカとしては、7室よりも2室のほうが有害ですが、アセダントが両方星座の場合、生命にとって、バダカと重なる7室のほうがより有害です。

※活動星座(チャララーシ)は牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座、不動星座(スティララーシ)は牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座、両方星座(ドドゥヴィスヴァバーヴァ)は双子座・乙女座・射手座・魚座です。

ASC 牡羊 牡牛 双子 獅子 乙女 天秤 射手 山羊 水瓶
バダカ 水瓶 山羊 射手 牡牛 牡羊 獅子 双子 天秤 乙女

 

12室 1室 2室 3室
11室
バダカ

アセンダントが
活動星座
牡羊座のとき

4室
10室 5室
9室 8室 7室 6室

 

11室 12室 1室 2室
10室

アセンダントが
固定星座
牡牛座のとき

3室
9室
バダカ
4室
8室 7室 6室 5室

 

10室 11室 12室 1室
9室

アセンダントが
両方星座
双子座のとき

2室
8室 3室
7室
バダカ
6室 5室 4室
 

インド占星術で死亡時期判断の根幹となるマーラカ(殺人者)ハウスやバダカ(障害)ハウス / 占星術講座

中立ハウス

2・8・12室は、中立ハウスに分類されています。これらのハウスは、一般的に、良いハウスと関連するときは、良い働きをし、悪いハウスと関連するときは悪い働きをします。

※ここでいう良い働き・悪い働きはあくまで一般論です。実際には、テーマによって異なることに注意してください。

たとえば、一般論として、牡羊座のアセンダントの場合、火星は、中立ハウスの8室蠍座を支配していて、同時にトリコーナの1室牡羊座を支配しているため、良い働きをします。また、木星は、中立ハウスの12室魚座を支配していて、同時にトリコーナの9室射手座を支配してるため、とても良い働きをします。けれども、牡羊座のアセダントの場合、金星は、中立の2室を支配していて、この2室自体がマーラカでもありますが、同時にもう1つのマーラカである7室を支配していますから、生来的吉星であっても、生命にとっては牡羊座アセンダントのチャートの中でもっとも良くない働きをします。

上記の例は、牡羊座のアセンダントの支配ハウスだけを考慮した場合の一般論ですから、実際には、個々の惑星配置によって結果が異なることにご注意ください。

※ここに記載したルールにしたがうと、魚座のアセンダントにとって、火星は、概して良い働きをすることになりますが、精神性にとっては良くありません。なぜなら、火星は、生来的にとても野心的な上に、功徳・幸運の9室、および、収入の2室を支配するからです。そのため、魚座にとっての火星は、お金を稼ぐことに功徳や幸運を注ぐ傾向があり、その目的のためには良いのですが、精神性にとっては良くないのです。

12室
中立
1室 2室
中立
3室
11室

アセンダントが
牡羊座のとき

4室
10室 5室
9室 8室
中立
7室 6室

インド占星術で死亡時期判断の根幹となるマーラカ(殺人者)ハウスやバダカ(障害)ハウス / 占星術講座

←前の記事へ  次の記事へ→  占いコラム  アストロナインの占星術トップ

インド占星術で死亡時期判断の根幹となるマーラカ(殺人者)ハウスやバダカ(障害)ハウス / 占星術講座