占星術ソフト販売(西洋占星術・インド占星術) / 占星術情報の発信 / 占星術(無料鑑定・有料鑑定) / 無料のインド占星術ホロスコープインド占星術のもっとも信頼できる未来予測技法ヴィムショーッタリー・ダシャーについて説明しています。 / 占星術講座

西洋占星術の未来予測技法セカンダリープログレッション(1日1年法)について解説。

西洋占星術とインド占星術の占星術ソフト販売 占い鑑定ご案内

占星術アストロナインのトップ アストロナインのトップページ

占い鑑定ご案内 占星術を中心とした占い鑑定

占星術&開運法の記事

占いコラム インド占星術と西洋占星術中心の占いコラム

スピリチュアル占星術 スピリチュアル占星術

ロケーショナル占星術 アストロカートグラフィー / サイクロカートグラフィー

ガネーシャ神と開運 ガネーシャ神と開運

占星術ソフトの紹介

占星術ソフト紹介 占星術ソフト紹介

ソーラーファイヤー 西洋占星術ソフトウェア ソーラーファイヤー

ソーラーマップス 占星術マッピングソフト ソーラーマップス

パラーシャラの光 インド占星術ソフト ウェア パラーシャラの光

ジグソー 占星術研究リサーチソフトウェア ジグソー

無料占い鑑定・チャートサービス他

いちご日記管理人いちごのつぶやき♪

無料チャート&鑑定 無料チャート&鑑定

メールマガジン 占星術メールマガジン

無料自動占い集 無料自動占い集

プロフィール プロフィール

占いリンク集 占いリンク集

特定商取引法の表示 特定商取引法に基づく表示

お気軽にメールください
<ichigo@astro9.com>

お気軽にメールください

Copyright (C) 2003
[アストロナイン]
All rights reserved.
 

 

占星術ソフトウェア通販(西洋占星術・インド占星術) / 占星術(占星学)ホロスコープ

ガネーシャ神
 
 占星術アストロナインのトップ > 占いコラム > ヴィムショーッタリー・ダシャー
 

占いコラム20

【 ヴィムショーッタリー・ダシャー 】

楠 正晴

インド占星術の重要な未来予測技法『ダシャー』の概略については、前回の占いコラム19『インド占星術の未来予測技法ダシャー』でお話しました。ここでは、インド占星術において、もっとも信頼されている『ヴィムショーッタリー・ダシャー』についてお話しましょう。

ヴィムショーッタリー・ダシャーを使えば、各惑星が影響力を発揮する時期を細かく理解できます。 / 占星術講座

120年周期のヴィムショーッタリー・ダシャー

インド占星術でもっとも信頼されている予言技法ヴィムショタリー・ダシャー120年周期のヴィムショーッタリー・ダシャーには、もっとも大きな周期であるマハーダシャー(一次周期)、そのマハーダシャーの中にそれを細分化したアンタラダシャー(二次周期)があり、アンタラダシャーの中にプラティヤンタラダシャー(三次周期)、プラティヤンタラダシャーの中にスークシュマダシャー(四次周期)、スークシュマダシャーの中にプラーナダシャー(五次周期)と、どこまででも細分化することができます。

しかし、ほとんどの占星術師はアンタラダシャーまでしか考慮しておらず、一部の占星術師だけがプラティヤンタラダシャーやスークシュマダシャーまで考慮しているようです。

※『ヴィムショッタリー』は、数字の120を意味するサンスクリット語です。ヴェーダ哲学では、寿命が短くなったカーリーユーガ(末法)の時代においては、120年が人間の最高の寿命であるとされています。そのため、120年を周期とするヴィムショーッタリー・ダシャーが、現代人にもっとも適合するダシャーであると言われています。

ヴィムショーッタリー・ダシャーを使えば、各惑星が影響力を発揮する時期を細かく理解できます。 / 占星術講座

マハーダシャーで人生の大きな流れを判断する

ヴィムショーッタリー・ダシャーは120年周期のダシャーです。その中で、割り当てられる期間は、各惑星ごとに、それぞれ異なります。もっとも大きな周期であるマハーダシャーは、太陽6年間、月10年間、火星7年間、ラーフ18年間、木星16年間、土星19年間、水星17年間、ケートゥ7年間、金星20年間の順で巡ってきます。このマハーダシャーによって、その期間に起こりうる現象の性質・吉凶・その吉凶の程度など、人生の大きな流れを判断します。実際、人生での大きな節目は、マハーダシャーの変化と一致することがとても多いものです。

ヴィムショーッタリー・ダシャーを使えば、各惑星が影響力を発揮する時期を細かく理解できます。 / 占星術講座

アンタラダシャーで良い時期と悪い時期を知る

しかし、マハーダシャーの期間は、最長で金星の20年間、最短でも太陽の6年間ありますから、そのマハーダシャーの期間中、ずっと良いことが起き続けたり、ずっと悪いことが起き続けたりするということはありえません。良い時期の中にも悪い時期があり、悪い時期の中にも良い時期があるのが人生というものです。

このマハーダシャーの長い期間の中で、良い時期と悪い時期を大きく左右する役割を果たしてるのは、マハーダシャーを細分化した、アンタラダシャーです。アンタラダシャーは、マハーダシャーによって示された大きな傾向をさらに絞り込む役割を果たしています。

※マハーダシャーを細分化したアンタラダシャーの期間は、マハーダシャーの各支配星に割り当てられた期間を比例計算して導き出します。それ以降のプラティヤンタラダシャーやスークシュマダシャー、プラーナダシャーも同様に比例計算して導き出します。ここでは詳しい計算方法については省略しますが、インド占星術ソフト『パラーシャラの光を使用すれば、5段階のプラーナ・ダシャーまでを簡単に自動的に計算できます。

ヴィムショーッタリー・ダシャーを使えば、各惑星が影響力を発揮する時期を細かく理解できます。 / 占星術講座

良いことが起きる時期・悪いことが起きる時期

良い時期・悪い時期のダシャー人生で確実に良いことが起きる時期は、たとえば、木星/木星のように、同じ惑星がマハーダシャー/アンタラダシャーになる時期ではなく、木星/月のように、ある吉星のマハーダシャーと同じような性質をもつ別の吉星のアンタラダシャーが組み合わさる時期です。どの惑星とどの惑星の組み合わせがこのケースに相当するかはそれぞれのホロスコープによって異なります。

逆に、たとえば、ラーフ/土星のように、ある凶星のマハーダシャーに別の凶星のアンタラダシャーが組み合わさる時期には確実に悪いことが起きます(生来的な凶星であるラーフと土星が、機能的にも凶星になっている場合は確実に)。

たとえば、吉星のマハーダシャーに凶星のアンタラダシャーが組み合わさる時期には、大きな流れでは順調ですが、その凶星のアンタラダシャーの時期には、一時的に停滞したり、失敗したりすることがあります。しかし、この時期には、悪いことがあってもそれほど大事には至りません。

また、たとえば、凶星のマハーダシャーに吉星のアンタラダシャーが組み合わさる時期には、大きな流れでは困難や失敗があるのですが、そのアンタラダシャーの時期には、一時的に物事が好転し、比較的順調に物事が運ぶようになります。

※ここでいう吉星・凶星とは、生来的な吉星・凶星だけでなく、特定のハウスを支配することによる機能的な吉星・凶星のことも意味しています。インド占星術においては、生来的な吉星・凶星よりも、機能的な吉星・凶星のほうが重要です。

※たとえ『吉星』であっても、悪いハウスに在住したり、『凶星』からのアスペクトを受けたりして傷ついている場合は、そのダシャーの時期に良い働きをせず、むしろ悪い働きをすることが多くなります。逆に、たとえ『凶星』であっても、良いハウスに在住したり、『吉星』からのアスペクトを受けたりして保護されている場合は、そのダシャーの時期にはあまり悪い働きをせず、むしろ良い働きをすることすらあります。

ヴィムショーッタリー・ダシャーを使えば、各惑星が影響力を発揮する時期を細かく理解できます。 / 占星術講座

プラティヤンタラダシャーで物事が起きる時期を知る

マハーダシャーで大きな人生の流れを理解し、その時期のテーマを大局的に捉えた後、アンタラダシャーによって、さらに絞り込んだ傾向や時期の良し悪しを判断します。そして、プラティヤンタラダシャーでは、具体的な事柄が起きる時期を判断するのです。そのため、細かいタイミングを判断するためにはプラティヤンタラダシャーが必要不可欠です。

※プラティヤンタラダシャーは、微細なので、出生時刻が不正確なときには使用できません。スークシュマダシャーやプラーナダシャーなど、もっと微細なダシャーを使用するときには、さらに出生時刻の厳密な正確さが必要です。

※マハーダシャーやアンタラダシャーの支配星が、金星、ラーフ、土星など、期間の長い惑星のときは、プラティヤンタラダシャーの時期が必然的に長くなりますので、具体的な事柄が起きる時期を絞り込むためには、すくなくともスークシュマダシャーまで使用する必要があります。

ヴィムショーッタリー・ダシャーを使えば、各惑星が影響力を発揮する時期を細かく理解できます。 / 占星術講座

ダシャーを西洋占星術に簡単に取り入れる方法

インド占星術を詳しく学ぶ前に、ダシャーを西洋占星術に取り入れる簡単な方法は、進行法やトランジットを解釈するときに、ダシャーの支配星になっている惑星を中心にアスペクト解釈することです。

進行法やトランジットのアスペクトは、常にたくさんつくられていますが、そのつくられているアスペクトのすべてが重要なわけではありません。多くのアスペクトができていても、その中で強く現象化することもあれば、ちょっとした心境の変化だけで済んでしまうこともあります。そこで威力を発揮するのがダシャーです。ダシャーによってクローズアップされる惑星は、普段とは違い、とても強力な影響力を発揮するようになります。

このように、ダシャーの支配星になっている惑星を中心に解釈すれば、重要なアスペクトをかなり絞り込むことが可能です。これに加えて、インド占星術によるホロスコープの解釈方法を取り入れれば、予測の精度はさらに高くなることは間違いないでしょう。

ヴィムショーッタリー・ダシャーを使えば、各惑星が影響力を発揮する時期を細かく理解できます。 / 占星術講座

←前の記事へ  次の記事へ→  占いコラム  アストロナインの占星術トップ

インド占星術のもっとも信頼できる未来予測技法ヴィムショーッタリー・ダシャーについて説明しています。 / 占星術講座