占星術ソフト販売(西洋占星術・インド占星術) / 占星術情報の発信 / 占星術(無料鑑定・有料鑑定) / 無料のインド占星術ホロスコープスピリチュアル占星術による瞑想やイニシエーション(秘儀伝授)に最適な時期の選定法について説明。 / スピリチュアル占星術

西洋占星術の未来予測技法セカンダリープログレッション(1日1年法)について解説。

西洋占星術とインド占星術の占星術ソフト販売 占い鑑定ご案内

占星術アストロナインのトップ アストロナインのトップページ

占い鑑定ご案内 占星術を中心とした占い鑑定

占星術&開運法の記事

占いコラム インド占星術と西洋占星術中心の占いコラム

スピリチュアル占星術 スピリチュアル占星術

ロケーショナル占星術 アストロカートグラフィー / サイクロカートグラフィー

ガネーシャ神と開運 ガネーシャ神と開運

占星術ソフトの紹介

占星術ソフト紹介 占星術ソフト紹介

ソーラーファイヤー 西洋占星術ソフトウェア ソーラーファイヤー

ソーラーマップス 占星術マッピングソフト ソーラーマップス

パラーシャラの光 インド占星術ソフト ウェア パラーシャラの光

ジグソー 占星術研究リサーチソフトウェア ジグソー

無料占い鑑定・チャートサービス他

いちご日記管理人いちごのつぶやき♪

無料チャート&鑑定 無料チャート&鑑定

メールマガジン 占星術メールマガジン

無料自動占い集 無料自動占い集

プロフィール プロフィール

占いリンク集 占いリンク集

特定商取引法の表示 特定商取引法に基づく表示

お気軽にメールください
<ichigo@astro9.com>

お気軽にメールください

Copyright (C) 2003
[アストロナイン]
All rights reserved. 

 

スピリチュアル占星術
スピリチュアル占星術

 
 占星術アストロナインのトップ > スピリチュアル占星術 > 瞑想に最適な時期
 

【 瞑想に最適な時期 】

楠 正晴

この章の内容を理解するためには、『スピリチュアル占星術−基礎知識』をあらかじめお読みください。

太陽、月、ラーフ、ケートゥと、3つの気道の対応ナーディー(気道)とチャクラと惑星の対応

スピリチュアル占星術においては、太陽、月、ラーフ(ドラゴンヘッド)、ケートゥ(ドラゴンテイル)が、特に重要視されています。

なぜなら、太陽は右のピンガラ気道、月は左のイダ気道、ラーフとケートゥは中央のスシュムナー気道と対応しているからです。

中央のスシュムナー気道の中でも、右の気道と左の気道が合流する地点(眉間)はラーフが司っています。また、中央の気道は、頭頂を通過して、眉間のところへ降りてきているため、『ラーフは中央の気道の終極地点である』と表現することもできます。また、ケートゥは、中央気道の最下部を表しています。

※右のピンガラ気道は、別名スーリヤ気道ともいいます。「スーリヤ」は、「太陽」を意味するサンスクリット語です。

※左のイダ気道は、別名チャンドラ気道ともいいます。「チャンドラ」は、「月」を意味するサンスクリット語です。

スピリチュアル占星術による瞑想やイニシエーション(秘儀伝授)に最適な時期の選定法について説明。 / スピリチュアル占星術

通常の二元的意識状態

プラーナが、中央の気道に流れず、右と左の気道を交互に出入りしている間は、通常の二元的な意識状態がずっと継続しています。このとき、意識状態は、無知(月)と怒り(太陽)の間を、交互に行き来し続けています。

スピリチュアル占星術による瞑想やイニシエーション(秘儀伝授)に最適な時期の選定法について説明。 / スピリチュアル占星術

中央気道へのプラーナの移動

中央のスシュムナー気道へプラーナが移動することは、非常に稀な現象であり、一般的には、ヨーガの実践によってのみ可能であるとされています。しかし、スピリチュアル占星術においては、外的な時間の作用、つまり太陽と月が一直線に並ぶ特定の時(新月か満月)には、中央のスシュムナー気道へプラーナが移動する現象が自然に生じるとされているのです。

この現象が生じると、微細な身体の中で、通常とは異なるプラーナの流れが生じるようになります。このとき、プラーナは、右と左の気道から撤退し、次第に、中央の気道に集中するようになります。この状態は、少しずつ進んでいきます。このようにして、中央の気道に集まったプラーナの量により、生じる瞑想体験(空の意識)の段階と種類が決定されることになります。

スピリチュアル占星術による瞑想やイニシエーション(秘儀伝授)に最適な時期の選定法について説明。 / スピリチュアル占星術

シュクラ・パクシャとクリシュナ・パクシャ

月の相(月と太陽のサイクル)は、ムフールタ(適時選定)やスピリチュアル占星術においては、とても重要な要素です。以下に、簡単にご説明します。月の相の1サイクル、すなわち、新月から次の新月までの期間は、1つの太陰月を形成しています。

この太陰月のうち、新月から満月へ向かう半月、月の光が増大していく期間のことを『シュクラ・パクシャ』と呼びます。月の光の増大は、物事の拡大や発展を表するため、シュクラ・パクシャは、一般的に、慶事(喜びごと)を行うのには、良い時期であるとされています。

また、満月から新月へ向かう半月、すなわち、月の光が減少していく期間のことを『クリシュナ・パクシャ』と呼びます。月の光の減少は、物事の縮小や衰退を表すため、クリシュナ・パクシャは、一般的に、慶事(喜びごと)を行うのには、悪い時期であるとされています。

スピリチュアル占星術による瞑想やイニシエーション(秘儀伝授)に最適な時期の選定法について説明。 / スピリチュアル占星術

各パクシャと左右の気道との対応

スピリチュアル占星術において、シュクラ・パクシャとクリシュナ・パクシャが特に重要視されている理由は、シュクラ・パクシャとクリシュナ・パクシャが、それぞれ、左(月)の気道と右(太陽)の気道に対応しているからです。

シュクラ・パクシャは、左(月)の気道と対応しています。そのため、シュクラ・パクシャの期間には、左の気道が開き、そこへプラーナが流れやすくなります。

クリシュナ・パクシャは、右(太陽)の気道と対応しています。そのため、クリシュナ・パクシャの期間には、右の気道が開き、そこへプラーナが流れやすくなります。

スピリチュアル占星術による瞑想やイニシエーション(秘儀伝授)に最適な時期の選定法について説明。 / スピリチュアル占星術

ティティ(太陰日)

1つの太陰月は、2つのパクシャ、すなわち、シュクラ・パクシャとクリシュナ・パクシャで構成されていて、それぞれのパクシャは、15の『ティティ(太陰日)』で構成されています。つまり、1つの太陰月は、30(15+15)のティティ(太陰日)で構成されていることになります。

1番目から14番目までのティティには、シュクラ・パクシャとクリシュナ・パクシャの両方において、共通の名前が付いています。そして、これらのティティのサンスクリット語における意味は、ただ単にティティの番号(初日、第2日、第3日、・・・など)を示しているだけです。

ところが、最後のティティだけには、特別な名前がついていて、他のティティとは区別されています。シュクラ・パクシャの最後のティティは『満月』を意味する『プールニマー』、クリシュナ・パクシャの最後のティティは『新月』 を意味する『アマーヴァーシャ』です。

ティティ シュクラ・パクシャ クリシュナ・パクシャ
ティティの名前 ティティの名前
プラティパダ 16 プラティパダ
ドヴィティーヤー 17 ドヴィティーヤー
トリティーヤー

18

トリティーヤー
チャトルダシー 19 チャトルダシー
パンチャミー 20 パンチャミー
シャシュティー 21 シャシュティー
サプタミー 22 サプタミー
アシュタミー 23 アシュタミー
ナヴァミー 24 ナヴァミー
10 10 ダシャミー 25 ダシャミー
11 11 エーカーダシー 26 エーカーダシー
12 12 ドヴァーダシー 27 ドヴァーダシー
13 13 トラヨーダシー 28 トラヨーダシー
14 14 チャトゥルダシー 29 チャトゥルダシー
15 15 プールニマー(満月) 30 アマーヴァーシャ(新月)

ティティには、いろんな使用方法があるのですが、今回は、それには触れません。ここで大切なことは、次の点です。

最後、つまり15番目のティティの日には、中央気道が開かれ、眉間のチャクラの位置から、中央の気道へプラーナが流れこんできます。そして、16番目(次のサイクルの1番目)のティティ、つまり、満月(太陽と月の正確なオポジッション)、あるいは、新月(太陽と月の正確なコンジャンクション)から、ちょうど24時間までの間は、ある程度のプラーナが中央気道の中に自然に流れている状態になっているのです。

これにより、集中した、微細な意識状態が自然とつくりだされやすくなります。 このような理由で、新月と満月の日は、外的な活動にとっては良くないとされていながら、瞑想には最適の日とされているのです。

※満月は、一般的に、慶事を行うのに良いとされていますが、満月の最中、あるいは直後は良くないという考え方もあります。

スピリチュアル占星術による瞑想やイニシエーション(秘儀伝授)に最適な時期の選定法について説明。 / スピリチュアル占星術

新月と満月にはラーフとケートゥが覚醒する

新月と満月に覚醒するラーフとケートゥ(ドラゴンヘッドとドラゴンテイル))眉間のチャクラは、月の満ち欠けと関連していて、それが、人間を構成しているエネルギーである五大エレメントおよびグナの質に影響を与えています。

そして、新月や満月の日には、これらのエネルギーが調和され、そこに均衡が生じると、ラーフとケートゥ(ドラゴンヘッドとドラゴンテイル)が覚醒状態となります。

その結果、通常は、右の気道や左の気道に流れているプラーナが、そこから撤退して、中央の気道(ラーフとケートゥに対応)へと流れるようになり、それによって、特別な内的至福を経験することが可能となるのです。

ここで、もっとも重要なことは、月の相(月と太陽のサイクル)と関連して、対応する気道が、開きやすくなったり、閉じやすくなったりするという点です。それにより、その気道の中を、プラーナが勢いよく流れるようになり、さらに、身体におけるプラーナの循環の仕方が変化しはじめます。そして、それにともない、通常とは違う特別な意識状態が生起してくるようになるのです。

※五大エレメントは、人体、あるいは宇宙を構成する地・水・火・風・空といった5つの要素のことで、ヨーガ、アーユルヴェーダ、ギリシア医学など、古代のヨーガや医学で共通の概念です。

※グナは、宇宙に存在する3つの根源的なエネルギーのことで、タマス(暗性)、ラジャス(動性)、サットヴァ(善性)の3種類が存在しています。

スピリチュアル占星術による瞑想やイニシエーション(秘儀伝授)に最適な時期の選定法について説明。 / スピリチュアル占星術

イニシエーション(密儀の伝授)に最適な満月と新月

満月と新月には、内的至福(精神的な意識状態へと導かれる)を経験するために必要なプラーナが、誰の中央気道にも、ある程度の量は、自然に流れている状態になります。この理由から、インドには、満月(あるいは新月)にしかイニシエーション(密儀の伝授)を行わないグル(精神的指導者)も存在しています。

※満月は、新月よりも影響力が強大です。

次回の章では、スピリチュアル占星術において、普通の新月と満月以上に、より重大な意味をもつ、日食と月食についてお話します。

カルマを改善し、霊性・精神性を向上させるための助けとなる占星術の講座

←前の記事へ 次の記事へ→ スピリチュアル占星術 アストロナインの占星術

スピリチュアル占星術による瞑想やイニシエーション(秘儀伝授)に最適な時期の選定法について説明。 / スピリチュアル占星術