占星術ソフト販売(西洋占星術・インド占星術) / 占星術情報の発信 / 占星術(無料鑑定・有料鑑定) / 無料のインド占星術ホロスコープ

西洋占星術の未来予測技法セカンダリープログレッション(1日1年法)について解説。

西洋占星術とインド占星術の占星術ソフト販売 占い鑑定ご案内

占星術アストロナインのトップ アストロナインのトップページ

占い鑑定ご案内 占星術を中心とした占い鑑定

占星術&開運法の記事

占いコラム インド占星術と西洋占星術中心の占いコラム

スピリチュアル占星術 スピリチュアル占星術

ロケーショナル占星術 アストロカートグラフィー / サイクロカートグラフィー

ガネーシャ神と開運 ガネーシャ神と開運

占星術ソフトの紹介

占星術ソフト紹介 占星術ソフト紹介

ソーラーファイヤー 西洋占星術ソフトウェア ソーラーファイヤー

ソーラーマップス 占星術マッピングソフト ソーラーマップス

パラーシャラの光 インド占星術ソフト ウェア パラーシャラの光

ジグソー 占星術研究リサーチソフトウェア ジグソー

無料占い鑑定・チャートサービス他

いちご日記管理人いちごのつぶやき♪

無料チャート&鑑定 無料チャート&鑑定

メールマガジン 占星術メールマガジン

無料自動占い集 無料自動占い集

プロフィール プロフィール

占いリンク集 占いリンク集

特定商取引法の表示 特定商取引法に基づく表示

お気軽にメールください
<ichigo@astro9.com>

お気軽にメールください

Copyright (C) 2006
[アストロナイン]
All rights reserved.
 

 

占星術ソフトウェア通販(西洋占星術・インド占星術) / 占星術(占星学)ホロスコープ

ガネーシャ神
 
 占星術アストロナインのトップ > 占いコラム > 月の生来的な吉凶の判定方法(2)
 

占いコラム36

【 月の生来的な吉凶の判定方法(2) 】

楠 正晴

インド占星術古典による枠組み

インド占星術の基礎となるインド占星術の古典インド占星術の基本原則のよりどころとなるのは、過去の聖賢たちが著したインド占星術の古典です。これらの古典には、インド占星術のエッセンスとなる法則はもちろんのこと、占い鑑定の際に役立つ貴重なヒントがたくさん散りばめられています。

したがって、ここでは、『パラディーピカー』、『サーラーヴァリー』、『サンケータニディ』、『ジャータカパーリジャータ』、『ホーラーサーラ』、『サティヤジャータカ』、『ブリハットジャータカ』などインド占星術の基本的な古典の中から、月の生来的な吉凶について語られた部分を見ていきましょう。

インド占星術の古典に記された月の生来的吉凶の判定方法

『パラディーピカー』

月が完全な強さをもっているときは、上記に記載された月のダシャーの結果が最大限に得られることになる。シュクラパクシャの最初の日から10番目のティティまでの月は中位の強さをもつ。この期間中、まずまずの結果が得られるだろう。その後の10日間(シュクラパクシャの11番目のティティからクリシュナパクシャの5番目のティティまで)の月は完全な強さをもつ。それゆえに、そのような月からは、その良い結果が最大限に得られるだろう。残りの10日間(クリシュナパクシャの6番目からアマーヴァーシャまで)には、月は、減弱しはじめ、ますます弱くなっていく。そのような月からは、良い結果はほんのわずかしか得られないだろう。(第19章第8シュローカ)

※ここでは、月の相(パクシャ)による吉凶の区別に加え、太陽からの月の距離によって、その吉凶の程度に違いが生じることが説明されています。「ティティ」や「アマーヴァーシャ」のような専門用語については『スピリチュアル占星術−瞑想に最適な時期』の記事を参照のこと。

インド占星術の古典に記された月の生来的吉凶の判定方法

『サーラーヴァリー』

ヤヴァナの中の長老たちは次のように言っています。シュクラ(明るくなっていく半月)のプラティパダ(1日目)から10日間の月は程々に強く、次の10日間(シュクラパクシャの11日目からクリシュナパクシャの5日目まで)の月はものすごく強い。そして、3番目の10日間(クリシュナパクシャの6日目から新月まで)の月はものすごく弱い。もし出生時の月が、鮮明な光をもち、明るくなるサイクル(シュクラパクシャ)にあり、しかも満ちているならば、その人は比類なき王となる。(第5章第16&第17シュローカ)

※「ヤヴァナ」はサンスクリット語で「肉食者」。ここでは、占星術においてインドと交流のあったギリシア人たちのこと。ここでは、月の吉凶について、古代の西洋占星術でも同じ原則が使用されていたことがうかがわれます。

インド占星術の古典に記された月の生来的吉凶の判定方法

『サンケータニディ』

どのアヴァスタにあろうと、明るくなっていく側にある月は常に吉となる。(第5章第32シュローカ)

※ここでは、他の惑星と異なり、シュクラパクシャにある月は、アヴァスタによる悪影響を受けないことが指摘されています。

インド占星術の古典に記された月の生来的吉凶の判定方法

『ジャータカパーリジャータ』

シュクラパクシャの最初の10日間の月は程々の強さを持つ。次の10日間は非常に素晴らしい。3番目の10日間の月にはまったく強さが無いが、もし月が吉星からのアスペクトを受けるなどして良い状態にあるときは良い結果がもたらされるだろう。(第2章第10シュローカ)

※この記述からは、クリシュナパクシャの最後の10日間は凶とされているものの、その場合でも、吉星からのアスペクトなどによる保護があるときには良い結果がもたらされることがわかります。

インド占星術の古典に記された月の生来的吉凶の判定方法

『ホーラーサーラ』

聖者マニタたちは、普通、月のダシャーを6つに分類している。 月がシュクラパクシャの最初の日から進行しているときはアーローヒニ(増大)と呼ばれる。新月までのクリシュナパクシャの期間はアヴァローヒニ(減少)と呼ばれる。 また、満ち潮のときに生まれるとアーローヒニ(増大)となり、引き潮のときに生まれた場合、そのような月のダシャーはアヴァローヒニ(減少)となる。 それから、月が減衰の位置から離れていくときもアーローヒニー(増大)と呼ばれ、高揚から離れていく月のダシャーはアヴァローヒニ(減少)と呼ばれる。 古代の人々は、これら3種類のアーローヒニ(増大)とアヴァローヒニ(減少)の違いを示した。

3種類のアーローハ(増大)のダシャーは全般的な成功をもたらす。その人は、全世界で有名になる。3種類のアヴァローハ(減少)のダシャーは破壊のみをもたらす。(第10章第1シュローカ〜)

※ここでは、月の吉凶を判定するための要素として、パクシャによる一般的な分類の他に、出生時の潮の満ち引きのサイクルによる2分類、あるいは高揚減衰のサイクルによる2分類といった2つの要素がさらに加っています。これら3つ(計6分類)の要素に共通していることは、現時点における固定的な状況ではなく、「増大」あるいは「減少」のうちのどちらに向かって変化しているのかという方向性を重視している点です。

インド占星術の古典に記された月の生来的吉凶の判定方法

『サティヤジャータカ』

月は、夜およびシュクラパクシャのときに強い。(第2章第9シュローカ)

木星、金星、水星、満ちる月は吉星だが、この順に力は弱くなっていく。水星とクリシュナパクシャの月は凶星と関わると凶意を帯びる。(第3章第1シュローカ)

※ここでは、一般的に中立的惑星あるいは弱い吉星とされている水星と月が、他の惑星による影響を受けやすいことが示されています。特にクリシュナパクシャにあるとき、月は凶星の影響を受けやすくなることがわかります。

インド占星術の古典に記された月の生来的吉凶の判定方法

さらに、バラーハミヒラの『ブリハットジャータカ』には、月のダシャーの結果について、次のように記載されています。

月のダシャーの結果は、太陽からの距離による強さ、およびアスペクトなどで月が受けている影響の種類によって異なる。

※ここには、月のダシャーの結果を判定する上で、太陽からの距離に加えて、アスペクトなどの影響も重要であることが示されています。また『ブリハットジャータカ』では、月が凶となる距離について、太陽から72度以内を基準としています。

インド占星術の古典に記された月の生来的吉凶の判定方法

古典の原則を実際に適用する際の注意

これまで見てきた通り、月の吉凶の判定方法については、ほぼ共通しているものの、それぞれの古典によって強調する部分に微妙な違いが見られます。その理由は、古典によっては、すでに別の古典に記載されていることについては、周知のこととして、記載していないことがあるためです。

それを踏まえた上で、実際の占い鑑定では、これらの古典の原則を柔軟に適用していく必要があります。さらに、実在する人々のホロスコープに、それらの原則を当てはめることにより、その法則の正しさを実感できるようになるはずです。

そのようにして接するなら、インド占星術の古典は、インド占星術を学び実践していく上で、とても貴重な情報源となるでしょう。

現代のインド占星術書からの引用

これまで、古典の記述をベースにして月の吉凶の判定方法について説明してきました。しかし、実際は古典に限らず、現代の多くのインド占星術書(洋書)にも、同様のことが記載されています。

それでは、第一次インド占星術ブームの火付け役となったジェームスブラハの『Ancient Hindu Astrology For The Modern Western Astrologer』から月の吉凶について説明された部分(20ページ目)を引用し、月の生来的な吉凶の判定方法についての解説を終わりにします。

出生時において月が満ちていっているのか、欠けていっているのかを識別することは非常に重要です。なぜなら、欠けていく月は凶とみなされ、満ちていく月は吉とみなされるからです。

しかしながら、ここには微妙な問題が存在しています。というのは、満ちる月(明るくなりつつある月)は、新月からほんの少し経過しただけかもしれず、その場合はまだ非常に薄暗い状態にあるからです。同様に、欠ける月(暗くなりつつある月)であっても、満月からほんの少し経過しただけで、実際にはまだ極めて明るい状態にあるかもしれません。そのため、この問題については特に慎重な姿勢が必要です。

しかし、次の2点は、常に心に留めておく必要があります。すなわち、満ちる月と欠ける月との間には極めて確実な質的違いが存在しており、後者はマレフィック(凶)であり、前者はベネフィック(吉)であるということ。そして、その月が明るければ明るいほど影響力が強くなり、その月が暗ければ暗いほど影響力が弱くなるということです。また、明るい月は、その在住やアスペクトにより、その強度において、木星に匹敵する影響をもたらすということも理解する必要があります。それゆえに、満月は、西洋占星術では非常に困難な影響を及ぼすとされているものの(太陽と月のオポジッションとなるため)、ヒンドゥー占星術では、全ての占星術的な状況の中で、もっとも素晴らしく好ましい配置の一つとされているのです。

出生時の月が満ちていっている(waxing)のかあるいは欠けていっている(waning)のかについて識別することは簡単です。月は太陽よりも早く移動しているため、ホロスコープの中で、単に月が太陽の対向点(oposittion point)に向かっているかどうかを調べればよいのです。もしそうであれば、その月は満ちつつある(waxing)あるいは明るくなりつつある(getting brighter)ことになります。もしそれが、すでに太陽の対向に到達した後コンジャンクションに向かって移動しているときには、その月は欠けつつある(waning)あるいは暗くなりつつある(getting darker)ことになります。

 

 

←前の記事へ  次の記事へ→  占いコラム  アストロナインの占星術トップ

惑星のトランジットを応用した微細なバイオリズム『カクシャ・バイオリズム』の紹介 / 占星術講座